職場レンアイ 1



「え…なんで?
シウは女の人も抱ける、の?」

おいおい、
平日のファミレスでの会話にしちゃ
ディープ過ぎるだろ。

珍しくあまり残業せずに会社を
出たものの、
自炊が苦手な俺は家に直帰しても
食べるものが何もないことを思い出し
仕方なく自宅最寄駅の駅前にある
ファミレスに入った。

そこで斜め前の4人掛けの席から
聞こえてきた
男2人の会話に思わず
反応してしまった。

悲痛な声を上げた男の顔は
こちらに背を向けていて見えない。

もう1人のシウと呼ばれた男は…
スッキリした一重のなかなかの
イケメン。

まぁ、俺のタイプじゃないけど。

おおかた、元はノーマルの男。
興味本位でゲイのネコを抱いてみたら
ハマっちまったか。

でもおそらく恋愛対象は女。

そーゆー話は
個室のある店か自分ちでしろよ。

心ん中で盛大にツッコミを入れつつも
何か引っかかって、
もう一度チラッと彼らの席に
視線を送る。 

んーーーー?
あの肩、なんか見覚えある。

そのとき、
背を向けていた方の男が
急に立ち上がり、俯いたまま
俺の席の横を足早に通り過ぎて
店を出て行ってしまった。

シム・チャンミン

同じ職場の後輩だった。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


コメント

非公開コメント